WEB
DESIGNER
得意分野を活かし
自分なりのデザインを追求していきたい

Moririn

WEB DESIGNER
滋賀県出身/2014年新卒入社/大阪本社所属

MY FAVORITE

  • Color
  • Software
  • Beer
  • Yu Gothic
  • Food
  • Hobby
  • Pottery
  • Parkland
  • Camera

MY HISTORY

  • BIRTH
  • 幼少時代。
    祖父が木版画家、その影響で父も版画をしていて、生まれた時から芸術とは少し関係のある家で育った。
  • 小学生時代。
    5人家族+5匹の猫と、人生で一番の大所帯。
    この頃だけ、足が速くて木登りするほど身体能力のある小学生だった。
    家族で毎年キャンプへ行ったり、星やホタルを観に行ったり、その影響でアウトドアが好きになった。
  • 中学生時代。
    部活は水泳部。(なので、今でも時々プールへ泳ぎに行く)
    学業の傍ら、趣味で絵を描きまくる。
    漫画家になりたくて道具を揃えてみたけど、「同じ人を何回も描くの面倒くさ過ぎやん…」と自分の性格が祟って断念。
  • 高校時代。
    美術部という事もあり、いわゆる「クラスで絵が上手い人」になっていた。
    三年生の時、文化祭の一環でクラス対抗のステンドグラス制作のデザインを担当すると、学年での最優秀賞を貰った。
    進路を考えた時、アートよりも働き口がありそうなデザインの道へと方向転換していく。
  • 大学生時代。
    大阪芸術大学のデザイン学科へと進学。
    そこで、自分より遥かに絵が上手く、センスが光り、経験値のある"ヤバい"人たちと出会い、ようやく今までの井の中の蛙的な人生を痛感。初心に返る。
    四年間、好きな絵を描きまくったり、Webデザインに夢中になったり、フリーペーパーのデザイナーとして奮闘したり。お金は無くとも心は豊かだった。
  • 就活生時代。
    大学ではデジタルコンテンツのコースを先行していたので、デジタルに関わる色々なデザインがしたいという想いで就活を開始。
    面接でよくある"定型文"が嫌いで、ANKHの面接では、自分のありのままに話そうとして挑んだ記憶がある。
    結果、御縁があり入社する事に。
  • ANKHでの新人時代。
    楽しい事、辛い事、とにかく新しい事の連続。
    優しい先輩、ちょっと変わった先輩に囲まれながらの仕事、間違いなく人生で一番濃い日々だった。
    イラストが少し得意だったので、それを活かせる案件に起用して頂いたりと、成長できる機会もたくさん与えて貰った。
    私生活ではひとり旅にはまって、一年目の夏休みには東北三大祭を観に行ったのが良き思い出。
  • 現在。
    ある程度技術とANKHの社風が身についてきて、「やっと私もANKHの一員になれたかな」と思えるようになった。
    まだまだ人生経験は足りないけど、仕事・私生活ともに自分の"好き"を活かせていて、充実している!
  • FUTURE
    全ての事が出来なくても、ある一つの事に長けている「その道のプロ」になりたい。
    私の場合、「イラストを任せるとしたらあいつだな」と思って貰うのが目先の目標。

INTERVIEW

いろんなジャンルに関われるデザイナーになりたいと思ってた!

Webデザイン的な事は、遡れば中学生の時から趣味でやっていました。

でも私の場合、「Webデザイナーになりたい」と思って就職活動をしていた訳ではなく、Webデザインも出来て、イラストも描けて、出来れば紙媒体のデザインも出来るような会社で働きたいと思っていました。わがままですよね。笑

ANKHに入社してみると、メインのWebデザインだけでなく、時にはフライヤーのデザイン、時にはペーパークラフトのデザインもされていて(!)、ジャンルの壁を越えた色んな分野のクリエイターが集まる会社なんだなと感じました。

私自身もWebデザイナーとしての腕を磨きながら、自分の得意分野を活かした仕事が出来るようなクリエイターにならねばと思います。

やっぱり、自分の個性が出せる所。

業務ではお客様のご要望があっての制作となりますが、そのような中でも何かしら自分の色を足すことで「他の誰かでなく自分がデザインする事の意義」が生まれるのだと考えています。

最近ではDTPソフトも使い勝手が良くなり、スマホアプリを使えば誰でもデザインが出来てしまう時代ですが、作る事が容易になっても考える事は容易には出来ないので(というか、したくない!)、お客様のイメージにぴったり合うようなデザインを、自分なりの考えで追求していきたいです。

時間の使い方が変わった。

ANKHに入社して教えて貰った事はたくさんありますね。その中でも、ANKHは「時間を有効的に使う」工夫が徹底されていると思います。

チャットで長々と話をするより、5分~10分でも時間があればmtgを開いて直接話す。先輩・後輩の上下関係が良い意味でほとんど無いので、お互い積極的に認識合わせをする事で誤解も少なくなる。

そのおかげで個人の残業時間も削減されますし、何より仕事がスムーズに進むと気持ちが良いものです。

私自身はまだまだ成長過程ですが、入社当時と比べれば一歩ずつ良い方向へ歩けているのかなと感じます。

固定概念にとらわれない考えが出来る人。

例えば、「リンゴ=赤」「絵画=平面」みたいなイメージを一回取っ払う事が出来る人。

そうして生まれたアイデアが、時には意外性の溢れた"刺さる"作品へと繋がるかもしれません。

仕事となると、自分のアイデアを表現する為の技術や時間との戦いが絡んでしまいますが、その辺の要領は経験を積めば自ずと身についてくるはずなので。初めから優れている人はいない!

ポートフォリオの作品はいまいちでも、ある部分で「あ、この人面白い事考えてるな」と感じれば、惹かれてしまう所はありますね。 個人的には、そんな方をお待ちしています。

エントリーする前に
オフィス見学ができます。

採用に関するご質問を
受け付けています。